ホーム
会社概要
市況データ
市場のご案内
主要品目とセリ人
お花屋さん
産地紹介
イベント
リンク集
お問い合わせ
松山市中央卸売市場 花き部 愛媛中央花き農業協同組合 松山の花市場
切花 鉢物はこちら
市況の概要 (12月分)
市況の概況  12月中旬でも11月並の気温となり暖冬傾向が続いた。心配されていた沖縄の菊は台風の影響で全国的に非常に品薄となり、注文品の確保も困難となった。品質も著しく劣ったため、品薄にもかかわらず相場は上がらず、バラ、スイートピーなど暖冬の影響もあって出荷は昨年並みとなった品目は相場が上がらず単価安。年末には寒波が襲来、冬らしい寒さとなったが下旬になっても相場の動きは鈍く、千両、オモトも台風の影響もあって数量は大幅減となり、全体では数量1割減、単価安が影響して取扱は昨年を2割弱下回った。
主要物品の市況概要  県外買付の相手先の分類方法が変わった為、品目によって変動が分かりにくいが、大菊、小菊とも沖縄減少の影響で数量は3割弱、金額は4割弱程度減。スプレー菊は輸入増加で昨年並みも単価安で金額は2割減。カーネは分類方法の変更の影響も大きいが数量、金額とも昨年比5割と大幅減。バラは数量昨年並みで金額は2割減と単価安。洋蘭類はシンビ、コチョウが単価安、数量昨年並みも金額は6割と大幅減。スイトピーは新たな産地からの入荷もあり数量3割増も取扱は1割強減と単価安。若松、千両、オモトは数量減も、単価は昨年並み。シキミは取扱、金額とも2割減、サカキは数量昨年並、金額は1割増。
市況データ
11月 5日 12月 5日 1月 7日
11月 7日 12月 7日 1月 9日
11月 9日 12月10日 1月11日
11月12日 12月12日 1月14日
11月14日 12月14日 1月16日
11月16日 12月17日 1月18日
11月19日 12月19日 1月21日
11月21日 12月21日 1月23日
11月23日 12月24日  
11月26日 12月26日  
11月28日 12月28日  
11月30日    
     
     
松山の花市場
Copyright© 株式会社愛媛花市場 2004 All Rights Reserved.